風水トイレが鬼門・家の中央にあるけど

風水トイレなら「金運の泉」

« 前の3件  |  -

鬼門トイレの対策

鬼門トイレと風水トイレ


よく鬼門は風水学から来ているものだと考えている方が多いですが、風水において鬼門という考えはありません。
鬼門はあくまでも家相学から来ているもので、日本独自の考えなのです。

しかし風水の考えによって鬼門の凶や陰の気質を防ぐことができるといわれています。
既に建ててしまっている場合や鬼門を知らずに新築しようとしている方、またはマンションに住む方で鬼門にトイレがあるとしても安心です。
風水学を応用して対策すればよいのです。

鬼門にトイレ、どうしてダメなの?


まず、なぜ鬼門にトイレがあってはいけないかという理由ですが、トイレは不浄な場所と考えられているからです。
そのため鬼門にトイレがあることによって病にかかると思われてきたのです。
家の真ん中にトイレがあることも避けられてきました。

昔のトイレというのは汲み取り式だったために家の真ん中にトイレがあるというのは非常に不潔な状態でした。
それは電気も来ていなければ今のように水洗ですぐに流してしまえる状態でもなかったからです。
もちろん臭いもこもっていました。

このように昔のトイレで考えると鬼門にトイレを設けるというのは避けるべきだということが分かります。
しかし、現在のトイレでは仮に鬼門にトイレがあったとしてもそれほど構える必要はないのです。
確かに陰の気質がこもりやすい場所ではあるのでなるべく清潔に保つようにし、換気も毎日行なうようにしましょう。
そして、なるべく明るい状態で保つことが大切なので壁紙等も換えるとよいかも知れません。


金運の泉をトイレに飾る理由

風水とトイレの関係

風水から見たトイレ


風水で見た場合にトイレはどのようにすれば良いのでしょうか。

まず風水の位置関係で考えた場合、家の中心から鬼門方面にあるケースは最悪であると言えます。

この場合、仕事関係や金運などに非常に大きく影響する可能性が高いので、できればそうした位置関係の家には住まないことが良いですし、設計の段階なら建築家に相談してみましょう。

賃貸のためそうもいかない場合には、掃除や換気をこまめに行い嫌な気を溜め込まないようにして、出入り口周辺に盛り塩を置くと良いでしょう。

トイレはキレイを好む


トイレは不浄な物との関係性が強くありますので、きれいな状態を保つことや窓を開放するなどして状態を保つこと、また便器のふたをしっかりと閉めるなど環境面に気を払うことが肝要になってきます。

またトイレの環境だけでなく、内部にどのような小物を配置するかによっても影響が吉とでるか凶とでるかは大きく変わってきます。

例えば中に専用マットを引くことは一般的なのですが、それに加えて専用のスリッパも用意していくのが大切で、これにより他の室内に陰となる気を持ち込むことを防ぐ効果があります。

これは玄関に引いてあるマットやスリッパと同じ意味合いがありますので、入るたびにいちいちは着替える手間が増えることになりますが、この手間を惜しむか否かによっても大きな違いが生じてきます。

またトイレ内で本を読むため数冊置いてあるという方もいるかもしれませんが、これもまた風水で見ると悪い事柄に該当しますので、直ちに撤去しておきましょう。

続きを読む

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
« 前の3件  |  -
風水開運グッズのラッキーショップはコチラ

Copyright © 風水トイレが鬼門・家の中央にあるけど All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます